水宅配の製造が気になる

水宅配は、お水の安全性についてかなり宣伝しているけれど・・・ウォーターサーバーに使われている水って一体どうやって製造されているのか、疑問に思いますよね。ウォーターサーバーで飲めるお水というのは、天然水とRO水にわかれます。どちらも不純物を取り除いた綺麗なお水なんです。

まず、天然水が出来るまでを紹介します。美味しくて普通にそのままの状態でも飲めるような地下水・湧き水を採水してきます。その後、その水をさらにろ過・殺菌処理などをして、不純物を全て取り除いているのが天然水です。不純物を取り除くさいに、原水に含まれている健康に不可欠なミネラル成分はできるだけ残すようにしてあるので、安全なだけじゃなくてとても美味しいんです。

RO水とは、逆浸透膜を通した水のことを言います。逆浸透膜とは、ろ過膜の一種のことで、簡単にいうと極小のフィルターのことです。水以外の不純物は、一切通さないように出来ているので、本当に綺麗なお水になるんです。ただ不純物以外にも、原水に含まれるミネラル成分なども全て除去してしまうので、そこに人工的にミネラル成分を添加しているのが、特徴です。

水宅配に使われている水は、どちらかの製造方法で作られています。どちらも不純物を取り除いた本当に安全なお水なので、安心して飲んでみてくださいね。もちろん、赤ちゃんのミルクを作るために使われても大丈夫です。軟水なので、赤ちゃんのお腹にもとってもやさしく出来ています。